Priori 3S LTEレビュー 開封

まずは開封から。画像が続きますが、お付き合いください。

届いた荷物。よく見たら箱に傷が。乱暴に扱われてしまったのかな。
image

開けました。「できるFREETEL SIM」という冊子が入っています。初期設定のやり方が書かれているのでしょうか。読まずに除けます。
image

説明書などが入っています。契約したSIMカードは、データ通信+SMSなので、関係のない紙も入っているようですが。
image

本体とSIMカードそれぞれのパッケージ。
image

じゃあ、SIMカードを取り出してとパッケージを裏返すと。SIMカードは入っていませんでした。本体に挿してセットアップされているようです。
image

本体の箱はこのように引き出せます。
image

ふたつの箱に分かれています。
image

薄い方の箱は何でしょうか。開けます。
何も入っていません。
裏ぶたが入っていたのでしょうか。
image

大きい方の箱を開けます。本体が入っています。
image

本体を取り出します。とここであることに気づきました。
本体と裏ぶたの間にすき間が。きちんとはまっていないようです。押さえてパチッという音がなることを確認しました。
決して裏ぶたが歪んでいるわけではありません。
Priori 3S LTEは3色あるのですが、ネイビーを選びました。
image

本体の表側。黒いです。
image

箱には、充電器やUSBケーブル等も入っていますが、使わないので省略。白いものでした。

起動します。最初にFREETELのロゴが表示されます。
image

このようなアニメーションが音とともに始まり。
image

Prioriと表示されてアニメーションが終わります。
image

無線LANに接続して、アカウントの設定をします。
そして、Priori 3S LTE 初期状態のホーム画面です。
image

途中、本体がセットアップ済みであることに気づき、慌てて通知パネルから「データ接続」をオフにして通信を止めました。

アプリのアップデートがたくさんあったので、アップデートをすることに。
image

開封からアプリのアップデートまでのレビューでした。

今回、撮影はiPhone 6sのカメラを使用し、クラウド経由で画像データを渡し、画像編集と記事を書いたのは、Priori 3S LTEからです。
このくらいのことであれば、難なくこなせることが分かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です