ワイヤレス充電の環境を改善する

現在、Nexus 6をメインの端末として使っています。

Nexus 6は、ワイヤレス充電に対応した端末です。

これまで、パナソニックのHDDレコーダー、HRT-300という機種の天板に内蔵されているワイヤレス充電器の機能を使って充電することがあったのですが、残念なことに、Nexus 6をケースに入れた状態では、安定して充電することができません。

置き場所はどこでもよくて、自動的に位置を探して充電を始めてくれる優れものであるだけにちょっと残念でした。
先日お借りしたGalaxy S6でも同様で、ケースを装着した状態では、充電がうまくいきませんでした。

Nexus 6を本格的に使い始めたということもあり、2台目のワイヤレス充電器を買うことにしました。

とはいっても、どの機種が自分の持っている端末と相性がよいのかなんて分かりません。同じ悩みを持つ人も多いことでしょう。海外製の安い充電器は、本当に使えるのか?という疑問もあることでしょう。

今回入手したのは、ちょっと怪しい海外の製品。Amazonで買いました。メーカーはよく分かりませんが、RLO Directというところが販売していたとか。調べてみると、同じ形をした設計も似たものが多数あるようです。

パッケージから紹介。
image

中身を出します。
image

充電器とUSBケーブルと説明書。日本語で書かれたものはありません。
image

こういったもの。
image

ワイヤレス充電器本体を横から見ると、このような形状になっています。
奥行きが長いのがこの製品のもうちょっとがんばってほしかったところです。

使ってみた感想ですが、Nexus 6がケースをつけた状態でも問題なく充電でき、まあまあよいものでした。
ただ、残念なことに使い始めて1ヶ月と経たないうちに、USBケーブルが接続しても通電せず、使えなくなってしまいました。購入を検討されている方は、このくらいは覚悟しましょう。
いっぱいケーブルを持っていますし、あまり問題ではないかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です